高機能SiC耐火物の販売

さまざまな高機能SiC

反応焼結 Si-SiC

反応焼結(Si含浸)SiCは、金属シリコン(Si)によって気孔を埋めることにより、緻密体が形成されます。緻密なので、酸化物結合SiCと比べて熱伝導率は2倍以上、強度は5倍以上で、特に常温~1350度まで安定した高強度を維持できるのが特徴です。

酸化されにくく、耐化学性、耐摩耗性も非常に良いです。ビーム、ローラー、ラジアントチューブバーナー、バーナーノズル等に使用されます。

再結晶 SiC (Re-SiC)

最高使用温度が1600度と他のSiC耐火物と比べ高温領域まで使用できるのが特徴です。

またSiC粒子を高温で焼結して作られる再結晶SiCはSiC99%と純度が非常に高く、不純物を嫌う原料/製品の焼成に適しています。サヤ、棚板等。

窒化物結合 SiC (N-SiC)

SiCを窒化ケイ素(Si3N4)によって結合したもので、化学的に安定し、酸化反応を嫌うアプリケーションに向いています。最高使用温度は1450度で、特に長時間1200~1450℃の温度帯で使用する条件に適しています。

耐酸化性、強度、耐スポーリング性等において、酸化物結合SiCの1ランク上のSiC耐火物という位置付けです。アルミニウム溶湯用耐火物、棚板、ビーム等。

テクニカルデータ

■ 最高使用温度 反応焼結SiC
Si-SiC
再結晶SiC
Re-SiC
窒化物結合SiC
N-SiC
酸化物結合SiC
SiC (FR-90)
(℃) 1350 1600 1450 1500未満
■ 化学成分 (%) 反応焼結SiC
Si-SiC
再結晶SiC
Re-SiC
窒化物結合SiC
N-SiC
酸化物結合SiC
SiC (FR-90)
SiC 90 99 68 89.5
Si 10      
Si3N4     25  
SiO2       8.9
■ 物性 反応焼結SiC
Si-SiC
再結晶SiC
Re-SiC
窒化物結合SiC
N-SiC
酸化物結合SiC
SiC (FR-90)
見掛気孔率 (%) <0.1 15 <1 6.5
カサ比重 (g/cm3) >3.02 2.7 2.8 2.8
■ 強度 反応焼結SiC
Si-SiC
再結晶SiC
Re-SiC
窒化物結合SiC
N-SiC
酸化物結合SiC
SiC (FR-90)
曲げ強度 (Mpa) 室温 250 90 160 45
1200℃ 250      
1400℃   100 180  
■ 熱的特性 反応焼結SiC
Si-SiC
再結晶SiC
Re-SiC
窒化物結合SiC
N-SiC
酸化物結合SiC
SiC (FR-90)
熱膨張係数
(10-6K-1)
4.5 4.8 4.5 4.8
熱伝導率 1000℃ (W/mK) 40 25 20 16

*数値は参考数値で、諸条件により変わる場合があります